スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やればできるじゃん!

ずっと 節約に 無関心・非協力 いやそれどころか 節約する私に

「貧乏くさい」 だの
「俺の金を どう使おうと 関係ないだろ!」と爆発したこともあった夫。

今年の春に クリニックが深刻な状態だとぶちまけて以来 態度が柔らかくなった。

低めの暖房でも 文句を言わず ちゃんとパジャマを着る。
  (以前は真冬でも下着一枚でいられる室温になるよう暖房を強めていた)
ドアをきちんと閉めて廊下の冷気が入らないようにする。
  (もちろん以前は ぱなし君)
使わない部屋の電気を消す
  (彼が通ったところは後光のようにいつも明るかったのだよ)

ちゃんと話しあうことって大事なんだなあと 改めて感じた。
スポンサーサイト

旅先で感じる夫婦の本当の姿

普段はまあまあ仲良し夫婦です。

でも口に出したことは無いけれど 本当は{仲良し}には疑問を感じています。

夫婦でイギリス/フランスに初めて旅行に行った時、
オペラ座付近での自由行動で 目指していたお店に辿り着けなかった事があります。

こんなことも旅のハプニングとして楽しめれば良かったのですが、
その時の夫の不機嫌ぶりが 私には不快でした。
「迷ったのはお前のせいだ」と プンプン 喧嘩腰の物の言い方でした。

旅の中盤でしたから 疲れと緊張の一番でる時だったのでしょう。

バスの中でも プンプン不機嫌にモノを言う夫に
「人前でそんなに責めるような言い方をされたらいやです」と静かに告げたら 夫の怒りは急激に鎮まったようでした。そもそも そこに行きたかったのは私でした。今思えばバスを降りて道を曲がろうとした時に 「こっちだよ」と先を歩き出したのが夫でしたから 夫も私への気まずさから腹を立てたのかもしれませんね。

そんな小さな諍いの繰り返しが夫婦なのでしょう。

しかし 私にとっては 夫がこうだと言っても大人しく付いていてってはいけない時もあるという教訓にもなりました。
それは 日常生活の面でも 仕事の面でも 感じることです。

そしてもうひとつ 大きな事。 男はつまらないプライドの塊なんだということ。さあ今日も夫の運転する車で出勤です。 笑。
プロフィール

いそこ

Author:いそこ
はじめまして。
とある地で自営業の夫と二人暮らしの50代女性です。残りの人生のんびり裕福に暮らしていけると思っていたら、思いがけない展開が続き、心入れ変えて節約生活に切り替えなければ家計も会社も破綻しそうなところまで来てしまいました。
くよくよしないで 気づいたいまががんばり時と 日々節約に励んでいます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。